デジタルデータによるFAXサービス「デジタルFAX」

ここでは、オンラインで完結することができるデジタルFAXこと、インターネットFAXについてご案内しています。

データがデジタル化されるとメリットがいっぱい

これまで紙ベースで利用していたFAXを、インターネットFAXなら完全デジタル化で利用することができます。送受信は全てオンラインであることから、別名「デジタルFAX」などとも呼ばれています。また海外では、NET FAX、Web Fax、PC Faxなどとも呼ばれることがあります。

インターネットFAXでは全てがデジタル

相手から送られてきたFAXは、サービスを提供する会社のサーバーを経由することで、PDF/TIF/JPGなどのデジタルデータに変換され(サービス提供各社により形式は異なります)、メールに添付ファイル形式で送られてきます。利用者は、このデータを通常のメールと同じように確認・閲覧することができます。また送信する場合も、メールを作成するのと同じようにメッセージを書いたり、添付ファイル形式でデジタルデータを添付したりすることで、相手のFAX機宛てに送信することができます。つまり、これまでFAXの確認から送受信までアナログに行っていた作業の全てをデジタルに行うことができるのです。

ネット環境からのリアルタイム確認

デジタルデータの確認ができる環境さえあれば、会社のPC、外出先、旅行先などさまざまな場所から内容の確認と返信などの対応をすることができます。メールと同じなので、ほぼタイムラグも起きることなく受信することができ、リアルタイムに対応することができます。ビジネスシーンにおいては、対応の遅れが致命傷になることもありますが、リアルタイムで対応ができるデジタルFAXならそんな心配も必要ありません。

データの管理・保管が容易

データがデジタルであることの最大のメリットとして、その管理の容易性があげられます。紙ベース行う仕訳けやファイリング作業はとても手間がかかるものですが、デジタルなFAXではその作業は不要となります。デジタルデータで届いた資料などは、そのままパソコンやクラウド上のフォルダにコピーして管理したり、必要な人に転送をしたりすることで対応ができます。またFAXには良くDMなども届きますが、デジタルFAXなら自動的にプリントアウトされることはありませんので、無駄が発生しません。不要なDMは1クリックで削除することができ、必要なものだけを整理して保管しておくことができます。裏紙として再利用する保管場所もいらなければFAX機そのものも不要となります。

デジタルデータによる管理ができるインターネットFAX

断然のおすすめは「eFax」

eFax

世界46か国1,200万人が利用している世界最大級のインターネットFAXサービスです。PCやスマートフォンなどメールが利用できるネット環境から、いつでもどこからでも利用することができます。03や06など全47都道府県57都市の市外局番から始まるFAX専用番号を取得することができるおすすめのサービスとなります。

efaxへの申し込みはこちら

インターネットFAXは、FAXの受信と送信をメールからできる、ペーパレスなデジタルFAXとも呼ばれているオンラインサービスです。