中小企業・一般法人での活用方法

インターネットFAXは、中小企業や一般法人で利用するにも最適なサービスとなります。特に法人において従業員が多い場合には情報管理の面やコストの面でメリットが大きいサービスとなります。以下に、法人で利用する場合の活用方法やメリットについてご案内します。

法人におけるインターネットFAXの活用とメリット

部署毎に専用のFAX番号を取得することができます

インターネットFAXでは、ひとつのアカウントの中で複数のFAX番号を取得することができますので、部署毎に専用のインターネットFAX用の番号を取得することができます。隣の部署と共有でFAXを利用していたり、会社で一台のFAXを共有していたりする場合には、別々の番号でFAXの管理をすることで、情報管理面やコスト面で大きな効果が期待できます。

データによる抜群の情報管理を実現

FAXを共有で利用している場合、隣の部署の人ではそのFAXが必要なものなのか不要なものなのか判断がつかない場合があります。そんなときに誤って捨ててしまったり、紛失してしまったりすることもあります。わからないからFAXのトレーに届いたものが放置されているならまだしも、誰かが持って行ってしまった場合には情報が漏えいするなんてことも起きかねません。

しかしインターネットFAXでは受信したFAXはデータで届きますので紛失するということは決してありません。またデータで受け取りますので、印刷した後に誤って捨ててしまった場合にも再度取得することが可能となります。データの管理は、部署の決められた担当者が行い振り分けなどを行うことで、情報管理の面における精度がより高まります。

コスト削減の実現が可能

会社の従業員が多い場合、多ければ多いほど届くFAXの量も多くなります。必要なFAXはもちろんですが、不要なDMの受信も多いかと思います。インターネットFAXでは全てをまずはデータで受信し、その中から必要なものだけを選別してプリントアウトすることができますので、無駄な用紙や印刷にかかる消耗品(インク等)の減りを減らすことができます。また通信費用も安くなりますので、会社が大きくなればなるほどそのコスト削減効果は大きくなります。

FAX機が不要

もうひとつ大きなコスト削減が実現できるのがFAX機のリース代です。多くの法人ではFAX機をリースで利用しているかと思いますが、インターネットFAXにすれば機器そのものが不要となります。会社でFAXが一台なら一台分のコスト削減ですが、フロアで一台、隣の部署と共有で一台、各部署毎に一台など多ければ多いほどそのリース料金も高くなります。そんなコストがかかるFAX機そのものが不要となりますので、なくても良い費用を節約することができるのです。

法人での利用にも最適なインターネットFAXサービス

断然のおすすめは「eFax」

eFax

世界46か国1,200万人が利用している世界最大級のインターネットFAXサービスです。PCやスマートフォンなどメールが利用できるネット環境から、いつでもどこからでも利用することができます。他サービスと比較しても月々の料金が安くおすすめです。今なら、初期費用無料+お試し30日間無料トライアルで利用することができます。簡単なステップで申し込みができ、即日から利用できるのも魅力です。

30日無料での申し込みはこちら

  • 30日間無料トライアル終了後にサービスを解約した場合、追加料金や違約金なしで解約をすることができます。実質的に1カ月間無料で利用体験ができることになります。

インターネットFAXは、FAXの受信と送信をメールからできる、ペーパレスなデジタルFAXとも呼ばれているオンラインサービスです。